So-net無料ブログ作成

33回忌での不思議な出来事 [日記]

祖父母の33回忌&17回忌が終わり、もう数か月たちました。

ずっと、黙っていた事がありました。

御坊さんがお経をあげている最中、私は

足が痛くて不謹慎にも周りをキョロキョロ。

後ろの方の人は、あぐらをかいていたよ。(笑)

だけど、前に座った私が足を崩して良いものか。。。。

私の顔には脂汗・・・不謹慎であります。。。^^; そして正坐。。。

気を取り直して、お経をあげている前を向きます。

祭壇には、果物やら花が沢山飾ってあり、禅宗のお経には木魚やら、何やら沢山の楽器?!が付きますのでこれを見ながらリラックスしようと試みました。。。

その時です!

花瓶の花の一番右の桔梗の花。

これ1本だけがクルクル回り始めたのです。

まるで、「バイバ~イ」と言っているかのように、くるくる派手に、しかも1本だけ!

怖いとか、そう言う感じではありませんでした。

ただ、不思議。。。

科学的根拠のない物を信じない私は、風の向きをチェック。

1.襖が開いていないか。 2. 天井に破けた所はないか。 3.お坊さんの息がかかっていないか。
4.何か他に原因はないか。

1~4まで見当たる節はありません。

随分長い間クルクルまわっていたので、周りに気付く人がいないかチェック!

OH,周りはお経の長さに限界を感じているよ!足痛そ~^^;そして誰も前を見ていないっ。
なんてこったい。。。

そう、数か月した今、妹の方から、

「お姉さん、お経の最中、廊下がやけに騒がしくなかった?襖も開いたし。。。」

と聞かれ、私は「全然、そんなおと聞こえなかったよ。」と答えました。

そうだ!花が回っていた事聞いてみよう!と思い、妹に

「それよりさ、花が変な風に動いてたんだよね。不自然に。見た?」と聞いたところ

「私も見た!」と答えるではありませんか!

でも、これだけじゃダメ。確信できない私は妹にこう聞きました。

「ね、どんな風に変だった?」(私が見たのは右端の紫の桔梗1本だけ)と私が聞き返すと

「花が、クルクル回ってたよね。」と答えるではありませんか!

私は「何の花?」とさらに聞き返すと

「右はじの紫色の花だけが、不自然に動いていたよね。」と、妹は答えました。妹は花の種類がすぐに出てこなかったようで、身振り手振りで位置を教えてくれました。

おおっ、、、、一致。

法事での出来事でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。